内科学第一講座のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
当講座は、本学創立2年後に開講した最初の内科学教室です。
現在、内科学第一講座は、血液・呼吸器・膠原病・感染症内科を担当しています。
当科がめざす日常診療のターゲットは、生体防御(免疫機構)の破綻から発生する疾患であり、所属する医局員は内科を総合的に診療できるように日々研鑽をつんでおります。

血液内科は、ほとんどすべての血液疾患を受け入れているとともに、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)にも力を入れています。
また呼吸器内科は、良性呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息など)と悪性呼吸器疾患の両方の診療を担当し、分子標的治療をはじめとする最新の治療を日常診療として行っています。
そして膠原病内科は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど多くの難治性疾患を担当し、生物学的製剤などによる最新治療も提供しています。
さらに感染症内科は肺炎をはじめとする呼吸器感染症を診療するとともに、病院における感染制御部としての役割も果たしています。

また当講座は、上記の診療体制の確立とともに、免疫・炎症・血管をテーマとした研究体制も確立しており、内科の中の柱のひとつとして今後もさらなる発展をめざしたいと考えております。
ぜひ一度このホームページの内容をご閲覧ください。

内科学第一講座 主任教授
医学博士 野村 昌作

Professor and Chairman of
The First Department of Internal Medicine
MD.,Ph.D. Shosaku NOMURA